宿泊先を提供して欲しいという話で待ち合わせをした女の子、女子大生だと思って待ち合わせしたのだけれど、確実に未成年なのは間違いがありませんでした。
しかも、援助交際の申し込みもでしてくるのだから驚かされてしまいました。
中学生にしか見えないよの女の子を相手にセックスをするつもりは全くなく、こんな女の子を相手にしたら犯罪者になってしまいますから、何とか断らなければと思いました。
いくらセックスがしたいからと言って、未成年に手を出すような危険な道を選ぶことなんかできません。
本当にこれが女子大生だったらそれでも問題はないのですが、相手が中学生ではどうしようもないので、電話がかっかてきたふりをしました。
「ごめん、急遽アルバイトに駆り出されちゃって、俺今から行くわ」
そう告げて彼女と別れたのです。
まさか中学生ぐらいの女の子がやってきて、お小遣いを求めてくると思いませんでしたから、とっても嫌な気分になってしまいました。
すっかり女子大生とセックスできると思っていたのに、とんだ肩透かしを食らわされた感じで、本当にがっかりって気持ちになってしまってたんです。
まさかあんな幼い女の子に出会っちゃうとは、やたらついてないなって気がしました。
いくらセックス楽しみたいと言っても、犯罪行為を犯してまでやりたいなんて気持ちはこれっぽっちも持ってませんから、今度は出会う相手を注意しなければいけないなと思ったのです。
あれから少し経ってからの事でしたら、見知らぬ電話番号から電話が入っていたのです。
着信の電話番号末尾が0110、全く記憶にない電話番号だったから無視をしておいたら、留守電が入れられていたのでした。
時間が経ってからその留守電を聞いたとき、腰を抜かしてしまいそうなほど驚いてしまったのです。
なんとお相手は警察で、未成年に手を出した児童買春の疑いがあるから事情聴取したいと録音されていたのでした。