18歳の大学一回生、無事に大学に入学することもできて一人暮らしを始めることになって、全てが明るい希望に満ち溢れたって感じでした。
親と生活をしていると、何かと不便な事が多くあるし、面倒だからそれから解放されたってだけでも、物凄く気分が良くなっていたんです。
大学に入ると今までとは全く違った環境で、何もかもが新鮮だし、友達も作ることができたし、東京の生活もすぐ馴染むことができました。
一人暮らしをしすると言う事は、誰の監視の目もないんだからやりたい放題ですよね。
最初に思ったこととして、仲良くなった女の子を連れ込んで気持ちのいい行為を楽しむって事。
これは男だったらったらだって考えることだろうと思います。
キャンパスの中やそれ以外で知り合った女の子を遊びに呼んで、そのまま股間を合体させてパコパコと気持ち良くなっていく、考えただけでも勃起が始まっちゃうぐらいでした。
大学生活も始まったばかりだから、これからは思いっきりセックスも謳歌していくと、そんな意気込みを持っていたんです。
キャンパス以外の出会いだったら、バイト先だったり、合コンだったり、また神待ちみたいな助けて欲しい女の子を探すのもいいかもしれないって気持ちがありました。
特に家出中の女の子は、確実に会うことができてセックスができる可能性が高いと言うのは聞いてましたから、頻繁に連れ込んで性処理楽しむことができるだろうと、かなり期待感を持っていたんです。
高校の時は、ほとんど女の子と関係を持つことなんかできなかったけど、大学生になったんだから大人の関係は積極的に楽しまなきゃって気持ちになってました。
特に見知らぬ女の子との関係は、絶対に刺激があるに違いないって思います。
初めて会ったのにいきなり挿入しちゃう関係、激し過ぎる興奮と快楽がそこには確実にあるはずですからね。